身体の隅々まで美しくいよう!〜各ボディパーツのスキンケア方法〜




美しい女性とは顔の肌を綺麗にすればいいだけではありません。体の隅々までケアできている人の事を言います。大変な事かもしれませんが、美しくありたい、という気持ちがあればきっとできる事です。ここではトータルエイジングケアの方法を見ていく事にしましょう。

綺麗な女性になるには《首元を美しく》

首の皮膚の下には頚椎と呼ばれる骨や軟骨、甲状腺があります。その凹凸に沿うように皮膚にシワができる事から、骨格的にどうしてもシワを作りやすい人がいます。また痩せ型の人には縦ジワ、太っている人には横ジワができやすいのです。

首も顔と同じように紫外線の影響によりシミやシワができていきます。首はあまりファンデーションを塗る事が無いために、顔以上に紫外線の影響を大きく受けます。

首のエイジングケアをするには、顔と同じように紫外線対策とレチノール、ビタミンC誘導体などで、肌のコラーゲンを多くする事です。

首にファンデーションやフェイスパウダーを付ける事は難しくて服に付く事もあるので、ストールを巻くなどしてUVケアをしましょう。猫背でだらけているような姿勢をしていては首の筋肉がたるんで、シワを作りやすくなります。

女優やバレリーナを意識して、普段から緊張感のあるよい姿勢を意識しましょう。また首のシワに効果的なのがツボ押しです。天窓と言われるツボへの刺激をする事で血の巡りが良くなります。
コリもほぐれてお肌にもプラスの影響をもたらしてくれます。

綺麗な女性になるには《唇の潤いをキープする》

唇は粘膜と皮膚の中間で、皮脂の分泌がほとんどない部分です。角層が薄く剥がれやすくて乾燥も起こりやすい部分です。皮をむしったり舐めたりすれば、より乾燥をさせる事になるのでやめておきましょう。

乾いた唇を即効ケアするには、ワセリンと蜂蜜を1対1で混ぜた唇パックがいいです。唇に塗って空気穴を開けたラップで覆います。3分ほど置いてから剥がしましょう。皮膚に最も近い脂であるラノリン配合のクリームも唇のケアに有効です。

綺麗な女性になるには《ハリがある胸をキープする》

乳腺はクーパー靭帯という繊維状の組織が支える事で形を維持できています。しかし年を取ったり繰り返し与えられる振動により、段々と靭帯が伸びてしまいます。すると胸が垂れ下がるようになります。

クーパー靭帯を伸ばさないように気を付けるようにしましょう。普段から胸のサイズに合う補正力があるブラジャーを付けるようにして、若々しい胸のラインをキープしましょう。

ブラジャーを付けないで歩く事はクーパー靭帯に負担になり、胸が下がる原因になります。スポーツの時もスポーツ用ブラなどを正しく使うようにします。また極端なダイエットはエストロゲンを減らして胸を小さくする事になるので、気を付けましょう。

デコルテは衣類の上から知らないうちに日焼けしている事が多いです。日焼け止め化粧品を塗るだけでは十分ではありませんから、ストールなどでのUVケアをする事が大事になります。

さらに加えるとすれば、ビタミンC誘導体配合の化粧水でのケアです。ビタミンC誘導体には抗酸化作用があって、シミやニキビを防ぐ事ができます。同時にコラーゲンを増加させる作用で、肌のシワやたるみを防いで、ハリを与える効果もあります。

綺麗な女性になるには《見えにくい背中も必ずケアする》

背中は皮脂が多くて、ニキビができやすい部分。ニキビが出現したら入浴ではナイロンタオルやボディブラシ、ボディシャンプーなど肌への刺激になるものを避けて、固形石鹸と綿タオルで洗うようにしましょう。

インナーは綿素材で肌に優しいものを使いましょう。ニキビ跡の赤みやシミに対してはピーリングやビタミンC誘導体が配合されている化粧水が効果的です。背中は皮膚が厚い事からピーリングを2回から3回程してもいいでしょう。

綺麗な女性になるには《手をすべすべにするのは基本》

UVケアが大事ですが、日焼け止めだけでは十分とは言えません。そのため、UV手袋なども利用しましょう。手は皮膚が厚い事から顔に比べればシミができ始める年齢は遅いです。

しかし、一度できてしまえば取り除く事が難しい部分でもあります。また台所用洗剤は手荒れの原因になる事からゴム手袋などで手を保護しましょう。ハンドクリームは、もちろん必需品です。

尿素配合のものがいいですが、すでに荒れている人の場合は使用すれば傷口に染みる事があります。そのような時には尿素以外の中から選択しましょう。

綺麗な女性になるには《髪の毛を健康的にしよう》

年を取るにつれて髪が細くなったり、薄くなる事があります。その主な原因となるのはホルモンバランスの変化になります。女性ホルモンには髪を豊かにする働きがありますが、それが少なくなる事で髪のボリュームが無くなり、細くなっていきます。

加齢以外にも髪の毛が元気をなくす原因は髪の栄養不足が挙げられます。食生活が悪いとか睡眠が足りていない、血の巡りが悪い、ストレスなどが原因になります。生活態度を見直す事が重要になります。

また、更年期頃から始まる薄毛は壮年性脱毛と言われて、ミノキシジルなどの成分を含む育毛剤が有効です。


最後に

美容に関して顔に化粧水を付けたり美容液を塗ったりする事も大事ですが、人間の体を構成しているのは顔だけではありません。いろいろなパーツが組み合わさり人間の体はできていますから、手や首や背中など各パーツもしっかりとケアするようにしましょう。

コメントを残す