そのお手入れは危険?!美白になるための危険性と安全性について




美白の危険性・安全性について

女性は、更年期を迎えて様々な不可解な症状を抱えている女性が多いと存じます。
そして多くのお悩みの中でも今回は「アンチエイジングに関する化粧品の問題」です。

やっぱり敏感肌・抗アレルギーの美白成分配合の商品に惹かれています。

ですが、そのお化粧品の中には強い効力を持つ医薬品が微量に使用されている化粧品があることがあります。

ごく微量でも、使用すると劇的な効力を発揮するのは、医薬品に限らず化粧品でもあるわけです。

そのいくつかをあげて解説&おすすめの化粧品を紹介致します。

55才以上は危ない!「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は、月経過多血友病白血病止血目的医療現場で使用されてきた成分です。

頬骨の上や目じりの下にできる「肝班」というシミの改善に効力を発揮することで、美容目的で使用されるようになりました。

副作用が少なく安全ですが、高血圧な人や脳梗塞・心筋梗塞の治療中にある人や、血栓ができやすい体質と推測される人は、飲用での使用を避けなければなりません。

一番シミが気になる50代以降は、効果があっても飲用できない薬が実はあるのです。

この事で使用をためらう人は多いのではないでしょうか。

今は若くても食生活習慣から、できるだけこういう危険性を秘めたものは避けたいものです。

どうしても使いたいと思う場合は、「B.K.AGE」が安心で良いようです。


◎持田製薬が開発した、敏感・乾燥肌のための薬用スキンケア

◎「トラネキサム酸」「3種類のセラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「スクワラン」保湿成分を配合

◎キャンペーン中で980円でモニター募集中

▶︎980円モニターキャンペーンはこちらからどうぞ

化粧品としてなら安全な「グリチルリチン酸2K」

グリチルリチン酸2Kは、マメ科の甘草から抽出した成分です。
抗炎症作用抗アレルギーの効能から敏感肌用の化粧品に多く使用されています。

副作用としては、副腎皮質ホルモンであるステロイド剤と似た危険性(むくみや頭痛他)を指摘されていますが、化粧品として配合される成分の量は制限されており、度を越した使用方法をしない限り安全です。

しかし、この成分を含んだ商品はとても数が多く、検索してもズラリとありそれも低価格な商品が目立ちます。

大人気商品は「メディユース ホワイトフレッシュ 薬用ピーリングジェル」です。



◎美健モール製品の薬用ピーリングジェル

◎角質ケアに美白成分「水溶性プラセンタ」「グリチルリチン酸2K」配合

◎初回半額の1,900円(税込)送料無料

▶︎メディユース ホワイトフレッシュ ピーリングジェル公式サイト

強力な美白効果ながら、紫外線対策が大変な「ハイドロキノン」

「ハイドロキノン」は、写真の現像において還元剤として用いられるとは写真の現像をしていた人の肌が白くなったことから、ハイドロキノンの美白効果が発見されたほど、その効果は強力です。

海外では主流となっている美白成分ですが、日本では2001年の薬事法緩和により、医師の管理下の処方ではなく化粧品に使用されるようになりました。

「ハイドロキノン」は長期の使用やその濃度によっては、肌の一部が白く抜けてしまう「白斑」のトラブルの可能性を指摘されています。

海外で購入した化粧品や輸入品などには高濃度のものもあるため、使用するにあたって注意が必要

またメラニンの生成を抑制するハイドロキノンを使用中は、肌が紫外線の影響を受けやすくなっている光毒性のため、日焼け止めを何度も塗り直し、紫外線から徹底して肌を守らねばなりません

「ハイドロキノン」初心者の方には最適♡「透過美活」がおすすめ♡

 


◎プラスキレイはシミに悩む女性をサポートする、スキンケアブランド

◎ハイドロキノン4%配合の「プラスナノHQ」はシミ一点集中ケア専用

初回体験セット2,980円(税込)メール便送料無料

▶︎お試しセット2,980円でGET!こちらからどうぞ!

まとめ

「美白化粧品は成分をしっかりチェックする必要性があります。」

よく女優さんが外出する際のぐるぐる巻の完全防備の格好を、撮影よけや変装と見ていたのですが、本当は美白化粧品を相当量使用していたのでは、とすら思えます。

 

以前見かけた記事で印象的で素敵なお話がありました。

久しぶりに故郷の同窓会に出席したところ、学年で一番の美人だった子が同級生の男子生徒に猛アタックの末地元の農家に嫁いでおり、透けるように白かった肌が真っ黒に日焼けし、深いしわも刻まれていたが、嫁ぎ先ではとても大事にされその笑顔がとても幸せそうだった。

 

幸せということは美白ではない、しかし美白だからつかんだ幸せなのか…。

何はともあれ、目の前の目立つシミはやはり安全に消していくのも幸せの一つだと感じます。

コメントを残す