ニキビにはこの栄養素を与えてあげよう






食事でのニキビケア

生理前にポツポツができる、同じところに繰り返しできる、ニキビで顔が真っ赤、こんな悩みがありませんか?一度できるとなかなか治らなかったり、同じ場所に出来るとやっかいですよね。ニキビが悪化するとニキビ跡が残ることもあります。そのため、ニキビができないように予防をすることと、出来てしまったら早めに対処することが大切です。では、どのようにケアをしたらいいのでしょうか。

●ニキビができる原因

ニキビができる原因は毛穴のつまりです。毛穴がつまる原因には、過剰な皮脂分泌と角質の肥厚があります。
思春期には成長ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になり、毛穴からの排泄が追い付かないと毛穴にたまってニキビができます。大人の場合は、生活習慣やホルモンバランスの影響で過剰に皮脂が分泌されることがあります。
角質が肥厚をすると毛穴の出口がふさがれてしまい、皮脂がたまりやすい状態になります。ニキビは脂性肌ができる印象がありますが、乾燥肌でもできます。乾燥肌の場合、角質が肥厚をして毛穴の出口がふさがり、わずかな皮脂でも毛穴がつまってニキビができてしまうのです。角質が肥厚する原因には、乾燥、摩擦、紫外線、睡眠不足などがあります。

●洗顔で予防

ニキビを防ぐためには、余分な皮脂を洗顔で取り除くことが大切です。しかし、過剰な洗顔は禁物です。過剰に洗顔をすると、汚れだけでなく必要な潤いも奪ってしまい肌が乾燥をします。その結果、角質が肥厚をしてニキビができやすい状態になります。洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。
普段の洗顔方法を一度見直してみましょう。
洗顔の前には手を洗います。手には雑菌や汚れが付着をしていて、その手で顔を触ると肌のダメージになるからです。また、手を洗うことで洗顔料の泡立ちがよくなります。
洗顔料はよく泡立てることがポイントです。泡立てネットを使用すると、ふんわりとした泡を簡単に作れます。たっぷり泡を作ると、泡がクッションになって肌の摩擦を防いでくれます。摩擦は肌を傷つけるので、たっぷりと泡を作りましょう。
洗う順番ですが、最初はTゾーンです。指の腹を使って小鼻の周りも丁寧に洗います。頬や目元など乾燥しやすい部位は、泡をのせる程度にしてさっと済ませてください。長時間洗っていると必要な潤いが奪われてしまいます。
すすぎに使用するお湯の温度は35℃程度です。熱いお湯は肌の潤いを奪ってしまいます。すすぎ残しがあるとニキビの原因になるので、よくすすぎをしましょう。あごや髪の生え際はすすぎ残しをしやすいので、特に丁寧に洗い流してください。

●スキンケア方法

洗顔をしたら化粧品でケアをします。ニキビ肌には保湿系でオイルフリーの化粧品がおすすめです。
ニキビで悩む方は、さっぱり系の化粧品を選ぶ傾向がありますが、さっぱり系の化粧品にはアルコールが多く配合されていて、肌の潤いを奪ってしまいます。肌の乾燥は角質を肥厚させてニキビの原因になります。そのため、保湿ケアが必要なのです。
脂性肌の方も肌内部は乾燥していることが珍しくないので、保湿ケアをしましょう。保湿ケアをして肌の水分と油分のバランスが整うと皮脂分泌が治まってきます。
保湿系の成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、NMFなどがあります。
保湿系の化粧品にはオイルが配合されていることが少なくありません。オイルはニキビの原因になるアクネ菌の好物でニキビを悪化させる可能性があります。そのため、オイルフリーの化粧品がおすすめです。保湿系でもニキビ用の化粧品だとオイルフリーのものが見つかると思います。
ビタミンC誘導体もおすすめの成分です。ビタミンC誘導体は、抗炎症作用や皮脂分泌を抑制してニキビに働きかけます。

●食事で改善

食生活は肌の状態に影響を与えます。ニキビももちろん食事の影響を受けます。油っぽいものを食べてニキビが悪化した経験を持つ方もいるのではないでしょうか。外食、加工食品、ファストフード、お菓子をよく食べる方は食生活を見直してみましょう。

ビタミンB2とビタミンB6には、皮脂分泌を抑制する働きがあります。ビタミンB2はレバー、うなぎ、卵などに多く、ビタミンB6はマグロ、カツオ、鶏ささみなどに多く含まれています。

ビタミンAには肌のターンオーバーを整えて毛穴のつまりを防ぐ働きがあります。ビタミンAが多い食品は、うなぎ、レバー、卵黄などです。プロビタミンAといわれるカロテンから体内で作ることもできます。カロテンが多い食品は、ほうれん草、モロヘイヤ、ニンジンなどです。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあり、ニキビ跡の色素沈着を予防する働きがあります。ビタミンCが多い食品は、イチゴ、キウイ、レモン、芽キャベツ、赤パプリカなどです。

便秘でニキビが悪化することがあるので、便秘の予防もしましょう。便秘を予防するためには食物繊維が必要です。食物繊維が多い食品は、野菜、果物、海藻、きのこ、納豆などです。

最後に

是非以上の事を見直しながら、ニキビ改善して行きましょう♡



コメントを残す