なりたい肌も顔も自分でつくる時代になってます!




Nature Rhythm

通りすがりの人を見かけて「あの人綺麗…」って思ったことはありますか?
「そもそも元が美人なのよ」とか「美容整形でもしない限り無理」諦めたりしていませんか?実は簡単なテクニックが合わさっただけって知っていますか?
今は整形や高いお金を払うことなく肌も顔も自分で作る時代です。
ここでは簡単に出来る裏技をご紹介していきたいと思います。

「美肌と汚れ肌の分かれ道」クレンジングと洗顔次第♡

まず基本的な美肌作りは「その日の汚れはその日のうちに」

この基本を徹底的にマスターして下さい。
そうすればニキビ・毛穴は確実になくなります。

その日のメイクの濃さによってクレンジングを変えて行きます。

メイクが濃い日は

・ポイントメイクアップリムーバー
・オイルタイプ
・クリームタイプを使用するのがお勧めです。

逆にメイクが薄い日は

・ローションタイプ
・ジェルタイプ
・ミルクタイプがお勧めです。

これは「お肌を傷めない様にメイクを落とす」からです。
メイクの濃さによってクレンジング剤を使い分けるとお肌の負担も減ります。
汚れや不要なものはメイクの濃さに合わせて落とし、優しく洗い流すことが美肌への近道となります。
逆に使ってはいけないクレンジング剤として「拭きとりタイプ」のものです。
これは摩擦でお肌に細かい傷をつけているのと同じです。結果としてシミやシワ、たるみの原因になりますので避けましょう。「肌は優しく扱う事」を覚えておきましょうね。

クレンジングの後は、必ず洗顔をしましょう。

ここでポイントなのが「洗顔の時は汚れを落とす事だけに集中すること」だけです。

美肌に必要な物は、洗顔の後のスキンケアでしっかりと補っていくために、洗顔は汚れを落とすだけと考えることが重要です。ここでは比較的、余分な物が入っていない物を選択するのがポイントになってきます。一番おすすめなのが「石鹸」です。

せっけんは「汚れを落とすことに適していますので自然に美肌に近づいていきます。
ここで注意したいのが「洗い上がりにしっとり感」があるようなタイプの洗顔です。
つっぱるのが嫌だとしっとり感を重視してしまうと油膜がお肌に残ってしまいます。

逆に化粧水は入っていかないなど…スキンケアの邪魔になります。気をつけましょうね。
「せっけん」は一度購入すると長持ちします。半年くらいはもちますのでコスパ的にも嬉しいですよ。

クレンジング、洗顔が終了したら後は「スキンケア」

ここでは「何を使うか?」よりも「どうなじませるのか?」を説明していたいと思います。

まず化粧水です。お手持ちの化粧水で構いません。
皆さんはただお肌につけて終わらせていませんか?これではせっかく綺麗に洗顔をしてもお肌が綺麗になるわけがありません。

決め手になるのがプロセスを踏む事です。

1.おでこ、あごなど広い面から手の平を使ってなじませる
2.ギュツと入れ込みます
3.頬も同様に手の平を使って押し込める
4.フェイスラインや口元は指の腹を使ってまんべんなく入れ込んで行きます
5.小鼻は指の腹を使って馴染ませます
6.皮膚がうすい目の周りはソフトタッチが基本です。トントン…

手の熱で顔にしっかりと浸透させていくのがポイントになってきます。
手の温度を使ってお肌の奥へ奥へと入れ込む事をしなければ、どれだけ高価な化粧水を使用しても意味がありません。
このローテーションを繰り返し肌が手にくっついてくるようになるまで化粧水を浸透させていきます。なじませてこそ「スキンケア」なのです。

化粧水をどうなじませるか方法をご紹介しましたが、「ただ塗る、重ねる、」このやり方では「時間とお金」の無駄使いです。
化粧水、美容液、乳液、クリーム…それぞれの働きを理解することで効き目はぐんと違いますよ。

「もちもち肌・つるつる肌・ぷるぷる肌」を目指す人必見!

洗顔後の美肌になる手順をご紹介します。
1.オイルでほぐしていきます
これはお肌を柔らかくするためです。ケアのスタートには欠かせないアイテムです。
お顔や手の平に塗ります。
2.化粧水をコットン、手の平でつけていきます
まずコットンでいきわたらせてから、手でバシャバシャと重ねてつけていきます。
次にいれる美容成分を導入しやすするためです。
3.美容液はこだわりの物を使用する事
美容液がスキンケアの主役になってきます。
手で熱を加えながらしっかり肌の奥へと押し込む事が重要です。
(乾燥が気になる人はここでクリームを重ねます。その日の状態に合わせましょう)
4.乳液で密封します
乳液は美容液を肌に閉じ込める為です。

最後に

いかがでしたか?
化粧水は美肌の道筋を開く役目、乳液は美容液を閉じ込める役目があります。
美容液成分が肌の奥に届くようにひとつひとつの役目をしっかり考えながらケアをしていけば効き目も倍増します。

ここで基本となるのがお肌を美しくするのは「美容液」です。
美白、エイジング、保湿、なりたい肌に導いてくれるのが「美容液」です。
ですからこだわって選ぶのが重要です。

化粧水だけでケア終了の人、洗顔だけで終わらせる人は、今一度、自分のケアを振り返り
美肌に近づくよう「美容液」を即投入する事を強くお勧めします。



コメントを残す