ニキビをなくしたい方への改善するための心得!







ニキビは青春のシンボルとは言いますが、できて嬉しいものではないですね。早めに対処しないと悪化していきます。またニキビ跡を残す事もあります。ここではニキビケアについて知っておくべき事をまとめました。

そもそもニキビはなぜできるのか

ニキビは毛穴に皮脂が溜まってできるコメドから始まっていきます。コメドの内部は皮脂が多くて酸素が少ない事から、このような環境が好きなニキビ菌が増え炎症を生じて、赤く腫れたり膿を持つ事もあります。

炎症が引いて腫れが解消されると、平らで赤い痕になり、段々と茶色くなっていきます。この状態が色素沈着です。1つ1つを観察していると1カ月もすれば色素沈着は薄くなり消えていきます。

しかし、炎症の状態や程度によりニキビの周りの皮膚組織が壊されてへこんだ痕ができたり、盛り上がった痕になったりするケースもあります。このような状態が本当のニキビ痕になります。赤い平らなものは最後は消える事から、正確にはニキビ跡とは違うのです。

ニキビの基本的な治療

ニキビの標準的な治療方法とは毛穴が詰まりにくくなる塗薬を使う事や、抗菌薬の塗薬や飲み薬になります。まだ初期段階のニキビから治療する事ができますから、早めに医療機関を利用するのが得策になります。

その他には皮膚科で扱う面皰圧出という手段もあります。皮脂が溜まっている所に針で出口を作り、面皰圧出という中央に穴が開いた特殊な器具で溜まった皮脂を押し出していきます。

これは単に膿を出しているだではありません。面皰圧出に慣れていない人が爪を立てたりして無理にニキビを押し出しても、組織を押しつぶすだけになり、溜まっている皮脂が外に出る事がなければ、逆に炎症を酷くします。そして結果的に痕が残るようになります。

ニキビを潰す事がいけないのではありません。しかし、適切な方法をする事が重要になるのです。やはりトレーニングを受けている皮膚科医にしてもらうのがいいでしょう。

ニキビのスキンケアの基礎

ニキビに対してのスキンケアの基本は洗顔になります。

1日に2回、洗顔料を使って顔を洗う事が大切です。洗顔料を使い洗顔する事は余分な皮脂や汚れを取るために必要な事です。

洗い過ぎは皮膚のバリアが破壊されて肌荒れの原因になり治療をする上で障害になってしまいます。成人女性などで乾燥が気になる人は洗顔の後にノンコメドジェニックな化粧水や保湿剤を使います。

保湿でニキビが改善すると思っている人もいるのですが、そのような証拠はありません。油分が多い化粧品で過度に保湿すると逆にニキビを悪くするのでやめておく方がいいでしょう。

ニキビを触ったり髪の毛の毛先などがニキビに触れる場合は毛穴を詰まりやすくしますし、炎症をさらに酷くする事があります。また、ニキビをブラシでこすれば毛穴の汚れが取れていき、ニキビがなくなるように誤解している人もいますが、むしろニキビは悪くなります。

同様に強く擦って洗う事やニキビを隠そうとコンシーラーなどを重ねて塗る事も良くありません。
成人女性なら日常生活のたしなみとしても、また仕事上で必要になる事からも化粧をしていく事は必要になります。

またニキビの人でも適切なメイクアップをすれば治療を妨げる事は無く、悪化させる事のない化粧を心掛けるようにしましょう。

家に帰ったらすぐクレンジング剤を使いメイクをしっかりと落とす事も大事になります。メイクアップする時には、化粧品はノンコメドジェニック試験済みの記載があるものを選択して、油分が多いものは避けるようにしましょう。

コンシーラーを重ねて塗る事によりニキビを隠すような事はやめましょう。色を補う事により目立ちにくくするといいです。色の選び方などは化粧品会社のスタッフなどに相談してみましょう。

もちろん髪型も大事

髪型はできるだけ前髪を上げるようにして、頬に当たらないように束ねましょう。カチューシャやヘアバンド、バレッタなどを上手く利用するといいです。髪型でニキビを隠すようにするとかえって治りにくくなってしまいます。

外出時に制限しなくても、自宅でもニキビに髪の毛が触れないようにするといいでしょう。

ニキビと食べ物

例えばピーナッツやチョコレート、ケーキなどを食べる事でニキビが酷くなるという人は、これらを控えるようにしましょう。しかし、ピーナッツとチョコレートやケーキの全てを食べないようにする事はストレスが溜まる人もいます。そのため程よく制限するようにしましょう。
安易に極端な食事制限をするのはストレスになってしまいます。

まとめ

ニキビの悩みは多くの人が経験する事です。ニキビを悪化させる事が無いようにスキンケアやメイクアップには気を付けましょう。また、早い段階においてもニキビに適している治療はあります。
そのため、できるだけ早くに医療機関で相談できたら適切な塗薬や飲み薬を使う治療を受ける事ができます。ニキビ跡を残す事が無いように適切なケアをして治療を受けるようにするといいでしょう。



コメントを残す