モデル級のスタイルになれる!3Stepで痩せるファスティングダイエット!







ここ数年、ダイエットの基本となってきているファスティングダイエット法!

もう実践している方も多くいらっしゃると思います。今回は、「名前くらいは聞いたことがあるけれどやり方はよく知らないという方」も実は多いはずです…そんな方々の為の簡単なファスティングダイエットの3Stepをお伝えしていきます。

そもそも、ファスティングって何??

ファスティングがどんなものかご存知ですか?
ファスティングは正しく行えば劇的に体を変えられるダイエット法。

正しい方法を知って、モデル級のスタイルを手に入れましょう!

簡単にファスティングについて説明をすると断食を行うダイエットです。私もファスティングダイエットを始めは全く知りませんでした。でも、しっかりと調べていくとすごく奥が深く、しかも方法は医学的にもきちんと裏付けがされているのだなとても感心しました。

ファスティングは全く物を食べない断食ではありません。酵素を飲むだけの酵素ダイエットとも違います。

ファスティングは、内臓を休めて代謝を上げて、細胞を活性化することです。活性化した細胞が結果的に脂肪を燃焼させるのです。更に、デトックスまで促してくれます。

物を全く食べなければ細胞を活性化させるための栄養も摂れないですし、酵素を飲んでいるだけも内臓を休めることは出来ないのです。

しっかりと内臓を休めるために準備期間をおき、きちんと栄養を与えて、また内臓を活動させるための期間が必要になります。

修行のような断食でも食事置き換えの酵素ダイエットではありません。

何となくでやってしまうと、まったく効果が得られない結果となってしまうので、やり方を正しく理解して、ファスティングに挑戦してみてください。

ファスティングの極意は内臓をコントロール

しっかりと内臓を休めることで効果的に代謝へ細胞の働きをシフトさせることが出来るので、休めた内臓を徐々に普段の生活に慣らすことでリバウンドも少なく、健康な体を手に入れることができます。

コントロールする方法は、準備期とファスティング期と復食期(回復期)の3つのStepをしっかり踏むことです。
それぞれ以下に紹介します。

ファスティングの準備期

内臓を休めるための準備期間。
ファスティングを行う期間の倍の時間を取った方がいいと言われています。

3日間なら1週間、6日間なら2週間ぐらい。

この期間中は内臓になるべく負担のかけない食事を心がけます。

そして大事なキーワード「まごわやさしい」を覚えましょう

ま・まめ:大豆のような豆類

ご・ごま:胡麻、ナッツなど

わ・わかめ:わかめなどの海藻類

や・やさい:野菜

さ・さかな:魚類

し・しいたけ:椎茸などきのこ類

い・いも:ジャガイモやサツマイモなどの芋類

健康食の魔法の言葉です。
これは、話題のタニタ食堂もこれを取り入れています。

準備期は上記のような内容の食事を摂るようにして、肉のように、消化に時間がかかるものは控えましょう。

実は牛乳やお酒、カフェインもダメ。お米は普通に食べる分には良いですが、できれば麦ごはんがベストですね。

また、絶対にコンビニ弁当は控えましょう。添加物の化学成分はファスティングの敵です。
同じ理由で、白砂糖が含まれているお菓子なども極力控えましょう。

ファスティング実践期

いよいよファスティングの本番です。

3-6日程度行います。初めての方は3日間からスタートしましょう!ファスティングは定期的に行う事が理想です。2回目・3回目時に挑戦する日数を増やしていきましょう!劇的な変化を求めるのであれば、6日間がオススメです。ー5キロも夢ではありません。

方法としては、まずは、食事を飲み物に置き換えてましょう。内臓を休め、代謝に細胞の働きをシフトさせます。

ドリンクは手作りの方法と市販の酵素ドリンクを選ぶ方法がありますが、それぞのコツについては以下にまとめています。

準備期を経たとはいえ、始めたばかりではまだまだ内臓は活動する気満々です。
なので、お腹が空きます。

仕方が無いので空腹はただひたすらに我慢です。しかし、我慢の仕方にもコツがあります。

一つ目は、お腹が空いたら水を飲むこと。
実際、ファスティング中は水分の吸収が良くないので、水は大量に飲む必要があるのです。

もう一つは、運動や仕事に打ち込むことです。

要するに他の事をして気を紛らわせましょう。

ファスティング中は普段以上の活動をすれば、ダイエットの効果はより一層高まります。
お腹が空くからといって外に出るのを控えたり、精神衛生上よくありません。

ウォーキングなどで汗を流すと内臓は諦めてくれます。
空腹は大体2日目までで治まります。

もうこのままずっといけるんじゃないかと錯覚しますが無理をするのは禁物です。

ファスティングの復食期

実は、一番の難関ポイントです。
復食期は今まで休めていた内臓をまた元の生活に戻すための期間です。

ここでのやり方を失敗すると、激しくリバウンドしてしまったり体調を崩しやすくなったりと元も子もありません。

焦らないでゆっくり、食べ物を元に戻しましょう。

期間は準備期と同じぐらいの目安です。

復食期1日目の朝、始めは重湯(おかゆを更にドロドロさせたもの)からスタートします。
そこから徐々におかゆの形を固形にしていき、2日目の夜ぐらいから具なしの味噌汁が飲めます。
ファスティングを行うと、消化器官だけでなく、感覚までも鋭敏になります。
味覚も鋭くなっているので、味の薄い味噌汁でも十分に美味しく感じられます。
復食期のご飯はぜひに楽しんでください。

今回まとめた3ステップで素敵なボディを目指しましょう!


コメントを残す