医療における痩身とエステティックの痩身はどう違うの?




スキンケアの限界を感じたあなたへ!エステナードリフティ

プロポーションがいい事はモテるためには有効です。人間は見た目からその人を判断しがちですから、美容には気を使う事もありますよね。男性から注目を集めるためには、体のラインが綺麗である事は武器になります。痩身をしてプロポーションを良くすると、モテる力を上げる事になります。ここでは痩身についてお話して参ります。

・そもそも痩身の定義とは?

痩身とは痩せた体、あるいは美容目的で痩せる事を意味しています。

痩せている、太っているという体型を表す言葉は主観で使われる事も多いですが、人の外見を評価する価値観は人により違ってきます。

それに体重のコントロールと食生活は健康の維持のために大きな影響を与える事になるので、主観で判断する事はとても危険な事でもあるのです。体重体組成計を利用すれば、体重と体組成の推定をする事ができて、それにより標準値との比較をする事が出来ます。

標準値とは統計的に認定されて理想的な数値の事で、一定期間内における死亡率や罹病率が有意に低い事などを元にいくつか定められています。広く世界的に採用されている簡便な標準値としてはBMI法があります。

日本でも一般的な指標になっています。体重と身長だけで肥満度を算出する事ができて、BMI値が22になる時、高血圧、脂質異常症、肝障害、耐糖能異常などの有病率が最も低くなるとされています。

・医療とエステにおける痩身の違いとは

医療の立場から見た痩身の必要性は健康的であるかどうかという事が基準になると言えます。そのため、体重よりは体の内側に注目します。BMI法による標準体重だけではなくて、体脂肪率も考慮します。

適正な体脂肪率の目安としては男性で15%から19%ほどです。女性で20%から25%程度で、これを下回るようになると低脂肪、上回ると肥満になります。

また皮下脂肪や内臓脂肪の比重も大切になります。

体脂肪率はCTやMRIで体脂肪面積を測定し算出するケースもあります。さらにはクリニックなどで血液中の中性脂肪やコレストロールの値、血糖値、遺伝学的な原因、摂食障害などについて調べる事が可能です。

肥満の治療としては食欲を抑える薬剤や老廃物の排出を高める事ができるサプリ、脂肪を分解する機械や注射、外科的な脂肪吸引術などがあります。

そして、エステティックにおいての痩身とは美しく健康的なプロポーションに着目します。

施術やカウンセリングを通して体型の補正やたるみの引き締めにより、老化現象を遅くして痩せやすい体になるようにしていくのです。
これがエステティックが行う痩身です。バストやウエスト、ヒップ、ふくらはぎ、足首、太ももなど各パーツの均整のとれた理想的なプロポーションを目指します。減量は痩身の手段の一つになりますが、同義ではないです。

施術内容としてはボディ・スキンケアマッサージ、リンパドレナージュ、化粧品や補正下着によるプロポーションメイク、各種機器を使う筋肉運動、温浴器、遠赤外線を使う発汗促進などがあります。

今では耳つぼにより食欲を抑えたり、代謝をアップしたりする効果を狙う耳つぼジュエリーもあります。

痩身でのサロンのケアはもちろん効果的ですが、それだけではなくて日常生活の中で継続していけるような食事制限や適正な運動などもする事でより効果は上がります。

・美容機器「低周波機器」を使用する場合

低周波機器は必要に応じて筋肉の収縮運動を不快感を起こす事無く連続的に引き起こすためのものです。

エステティックでは医療機器の電気出力を下げたものが利用されています。

フェイスラインとボディラインのリフティング、シェイプアップ、細胞賦活作用を目的にして筋肉運動により血管やリンパ管の循環促進、筋繊維の活性化と筋肉の伸縮率維持と向上、筋肉周辺の脂肪代謝促進による体脂肪低下の効果を期待できます。

・美容機器「超音波機器」を使用する時

超音波とは耳に聞こえない領域の音波の事です。組織内部での温熱効果を利用した治療や、反射エコー特性を利用した体内の診断装置として医療においては広く活躍しています。

エステティックにおいては作用がマイルドですが、深部の温熱作用と高速マイクロマッサージ作用を用いた細胞賦活作用により美肌作用、フェイスラインとボディラインのリフティリング、シェイプアップを目指して、脂肪細胞の代謝を促し体脂肪を減少させます。

さらに真皮組織構造や脂肪組織構造をコンパクトに再配列して一時的に引き締めます。また化粧品の浸透率を上げるなどの効果も期待できます。

・まとめ

見た目が人に与える影響は大きいのです。プロポーションがいいと男性からの注目を集まり。また着る事ができるファッションアイテムの幅も広くなります。

それに太り気味で自分の体調が気になるなら、クリニックでの痩身を受ければ健康も手に入れる事もできます。

しかし、サロンにしてもクリニックしても痩身を受ける事はできても、それだけで理想のプロポーションを手に入れる事は難しいです。

普段の生活環境にも気を付けておかないとせっかくの痩身施術もあまり意味がなくなります。その点は注意しながら素敵な素敵な痩身生活を取り組んでみてはいかがでしょうか。



コメントを残す