今流行りのダイエット!基礎代謝力アップで劇的変化






まずは基礎代謝を上げよう!

男性でも女性でも、美しくスリムになりたいと思うことは自然な気持ちだと思います。
不規則な生活を送っているのと、食事のリズムも乱れてきますし、運動不足も相まって、ブヨブヨとした肥満体質になることは、いとも簡単にできてしまいます。
しかし、ダイエットをすることは、自分が思っているより、大変なことです。
だからこそ、日頃からの生活パターンの中にダイエット法を取り入れた生活をすることが大事なのです。

●最近流行りのダイエット法とは?

痩せるようと思った時にどんな方法でダイエットを始めるでしょうか?
いきなり食事の量を減らしたり、回数を減らすこと。あるいは、低カロリー食品ばかりを摂ること。
これも一時的には痩せますが、返ってリバウンドの原因にもなりかねません。

運動ではジョギングや水泳、ウォーキングという方法もあります。
これも確かに脂肪を燃焼させることで、ダイエットにつながります。

しかし、日頃から運動をしていない人が、今日からいきなり走り始めてみても、長続きする保証がありません。

また、最近では、これより優れたダイエット法が推奨されつつあるのです。
それこそ、今流行りのダイエット法です。それは筋力トレーニングと炭水化物ダイエットです。

●ダイエットジムが実践しているダイエット法

この数年、テレビコマーシャルでも、ダイエットジムが積極的に出てきます。
それだけにかなりの実績を誇っているのですが、このダイエットジムが実践している方法こそ、筋力トレーニング炭水化物摂取のコントロールなのです。

●何故、効果が高いのか?

高い結果を産み出している背景には、人の身体の特性をよく考えたトレーニングだからです。
筋力トレーニングの目的は基礎代謝力を上げることです。
筋力を高めていくと、それだけで脂肪を燃焼させる基礎代謝力が上がっていきます。
基礎代謝とは、普段の生活の中で、身体を動かしていなくても、エネルギーを消費することです。
人が生きていくために、必要最低限のエネルギー消費を意味してします。

寝ている間でもエネルギーは消費さているのです。
しかし、この規模代謝は昼間の身体を動かしている時のエネルギーも含めて、全体量の60%も占めているのです。

残りの40%が運動や昼間の活動で消費される量なのです。
したがって、有酸素運動で40%のエネルギーを活発に消費させるより、筋トレで60%の消費を最大にする方が効率の良いダイエット法になるわけです。

●炭水化物買っとも大事

しかも、食事では夜に炭水化物を摂ることを抑えます。
昼間は活発にさせる身体を動きしているために、ごく普通にご飯類や麺類を食べることは問題ありません。
しかし、身体を動かさない夜は炭水化物類は脂肪として蓄積されてしまうので、肥ると原因になるのです。
夜の食時は炭水化物の代わりに野菜類や肉類を摂ります。
肉類というと、意外な感じもするのですが、これは筋肉量を増やしてくれますので、結果的には、筋肉体質の身体を作り上げるので、ダイエットには最適なのです。
但し、食べ過ぎは禁物です。

●筋力トレーニングにもコツがある

このように筋力トレーニングに効果があると分かったなら、今からすぐにでも取り組みたくなることでしょう。
しかし、スポーツジムに通うにはそれなりに費用がかかることから、ちょっとためらいもあることでしょう。
その時は無理せず自宅で筋トレに励むことでも問題はありません。
但し、正しい理解の元でのトレーニングが大事です。
初心者の人であれば、毎日トレーニングをしたくなることでしょう。
しかし、これは全く効果がないばかりか、オーバーワークに繋がり、故障してしまう可能性もあります。
理想的な筋トレは、週に2、3回で行なうことです。
筋トレをした後は、一旦、筋肉の繊維が破壊されてしまいます。
破壊された繊維は時間をかけて復活していくのですが、それに必要な時間が、1、2日程必要なのです。
そのために、繊維が回復している間はトレーニングをしても意味がないのです。

●少し無理のあるトレーニング

また、1回のトレーニングでは、自分の限界の少し上まで頑張れるトレーニングを取り入れることです。
例えば、下半身を鍛えるスクワット。
1セット10回を3セット続けるとしたなら、最後の10回目はクタクタになるのですが、最後に11回目のスクワットを頑張って行います。
残り1回だけなのですが、これが筋力を更に高める秘訣になるのです。
ダイエットジムでは、ベンチプレスでも最後の1回はトレーナーの補助で持ち上げるようなことを取り入れています。
この最後の踏ん張りが筋力を更に高めてくれるのです。
自宅でトレーニングをする人は中々、難しい場面ではありますが、スクワットなり、足上げ腹筋などでは、このような方法が1人でもできますから、試してみる価値はあります。

●食事

後は炭水化物を夜の食事から除くことです。
とは言っても、1日3食のパターンは崩してはなりません。
人は1日に2400Kcalを消費するという言われています。
しかも、最低でも1500Kcalは摂る必要があります。
食事量を減らすして、1500Kcal以下になると、限られた食事の中でできる限りエネルギーを蓄えようとします。
これがリバウンドの原因ともなるのです。
このようなことから炭水化物は夜にカットはするものの、食事のパターンだけは崩してはなりません。
最近、流行りのダイエット法は決して目新しいことではないのですが、人の特性にマッチした方法として、注目されています。

少しずつ、ゆっくり始めてはいかがでしょうか?努力すれば必ず結果は出ます!!

ウルトラメタブロック

コメントを残す